HOME>御鎮座2300年奉祝記念事業
蛟蝄神社御鎮座2300年奉祝記念事業
趣 意 書
平素より蛟蝄神社にご敬愛くださり厚く御礼申し上げます。
蛟蝄神社は紀元前288年に現在の「門の宮」の処に水の神様の罔象女大神を祀ったのが始まりと言われ、「門の宮」「奥の宮」合せて「文間両社大明神(もんまりょうしゃだいみょうじん)」と親しまれております。
来る平成24年に御鎮座2300年を迎えます。
現在の奥の宮の御社殿は今から約300年前に造営されましたが、近年老朽化が進みこの度、御社殿の修復工事を行なう運びとなりました。就きましては、歴史的財産を後世に伝える為、何かと厳しい折柄ではございますが、ご信仰篤き多くの方に御賛同頂き、御奉賛賜りますよう謹んでお願い申し上げます。
 蝄 宮  友野 雅弘
蝄神社建設奉賛委員会 上原 隆雄
平成22年5月吉日
事業内容
  • 奥の宮 本殿の修復工事
  • 奥の宮 幣殿・拝殿の改築工事
  • 奥の宮 参道の修復工事
  • 門の宮 社殿の修復工事
総事業費
  • 金 五千万円
募財期間
  • 平成23年から平成30年までの6年間
御奉賛依頼額
  • 1口 1万円 (何口でも結構です)
申し込み方法
  • 申し込みは蛟蝄神社社務所までお願い致します
お問い合せ
  • 蛟蝄神社建設奉賛委員会
    茨城県北相馬郡利根町立木882番地
    蛟蝄神社社務所 Tel: 0297-68-7278

★ 御鎮座2300年奉祝記念事業 趣意書ダウンロード→ PDF形式(syuisyo3.pdf[175KB])